秋田錦牛

秋田錦牛  秋田県に銘柄牛を作り多くの方に食べてもらいたいということで、秋田県畜産農業協同組合で厳選した牛肉を、昭和50年代、当時肉質日本一と言われた秋田県黒毛和種改良の基礎となった「栃錦」号にちなんで「秋田錦牛」と呼び直営店や提携店で販売をしてきましたが、平成11年に商標登録を取得しました。 北国の風土に育つ『秋田錦牛』をキャッチフレーズに、本県の厳しい自然環境のなかで、徹底管理された飼料と、極め細やかな飼養管理により、じっくりゆっくり育てられた、バランスが良く甘みのある脂身と味の奥深さのある赤身が程よくコラボした秋田を代表する銘柄牛肉です。

秋田県田沢湖産αリノレン酸虹の豚

αリノレン酸虹の豚 秋田県田沢湖高原で秀峰秋田駒ヶ岳のきれいな水と、有機農法に加えて独自の自家製発酵飼料と活性誘導水で育てられたこだわりの健康ポークです。しゃぶしゃぶにすると他の肉に比べ、灰汁が少ないとお客様より喜ばれております。


比内地鶏

比内地鶏  比内地鶏は、秋田を代表する郷土料理「きりたんぽ鍋」には欠かせない食材であり、新米の出回る秋から年末年始にかけて需要の最盛期となります。 比内地鶏の肉質は、赤みが強く適度な歯ごたえがあり、鶏肉を鍋に入れたときに細やかな脂肪が浮き、鶏肉本来の持つコク・香りがあることが最大の特徴です。味はキジ・ヤマドリと同じような風味と香味を持っていて、噛みしめるほどに味が出てきます。また、比内地鶏は、名古屋コーチン・薩摩地鶏と並び日本三大美味鶏の一つに数えられています。広い牧草地に放し飼いにすることにより、本来の比内地鶏の美味しさを更に向上させています。


牛肉

前足に近い「かたばら」と、後足に近い「ともばら」の2カ所からなる部位です。薄切りにして、牛丼や焼き肉用に最適な部位です。

▼ おすすめレシピへ
牛のアキレス腱部分、または腱の付いた肉。長時間煮込むことでトロトロのお肉となります。


▼ おすすめレシピへ
よく運動する部位であるため、肉質はやや硬めであり、煮込み料理などに適しています。


▼ おすすめレシピへ

> 適度に脂肪がのった部位で、薄切り肉にして、幅広い料理に利用できます。
          
▼ おすすめレシピへ
最も霜降りの多い部位で、すきやきやステーキなど、肉そのものを味わう肉料理に利用します。
▼ おすすめレシピへ
ステーキといえば「サーロインステーキ」と連想する代表的な部位です。 柔らかく脂肪分が少ない肉質です。
▼ おすすめレシピへ
牛の部位の中で最も運動しない部位のため、柔らかい肉質になります。
          
▼ おすすめレシピへ
肉質は赤身の肉で、カレーやシチューなどの煮込み料理に適しています。

▼ おすすめレシピへ
肉のきめが細かく、非常に質のよい赤身肉。脂肪分が少なくステーキ料理に使用するのが適しています。
▼ おすすめレシピへ

豚肉

運動する部位なので赤身が多く噛みごたえがある部分です。煮込料理に適している部位です。


▼ おすすめレシピへ
ロース特有の肉のきめ細かさに加え、豚肉特有のコクがあります。ソテーや焼き肉などに利用されます。


▼ おすすめレシピへ
肉のきめは細かく、柔らかい部位です。トンカツやポークソテーのような料理に適した部位です。


▼ おすすめレシピへ

標準的な豚から、1kgしか取れない貴重な部位です。トンカツに使用される代表的な部位です。


▼ おすすめレシピへ
肉質は柔らかく、脂肪と筋肉が層をなしているのがよい部位です。薄切りにして炒め物などに使用するのに適しています。

▼ おすすめレシピへ
赤身の代表的な部位です。どんな豚肉料理にも使える部位です。からあげにおすすめ


▼ おすすめレシピへ

鶏肉

から揚げに、照り焼きにメインおかずにぴったりの部位です。
▼ おすすめレシピへ
脂肪分が少なく女性に大人気の部位です。蒸してサラダにいかが?
▼ おすすめレシピへ
つくねにしてお鍋に焼き鳥に子供も大好きなメニュー素材です。
▼ おすすめレシピへ
から揚げに、照り焼きにメインおかずにぴったりの部位です。
▼ おすすめレシピへ
脂肪分が少なく女性に大人気の部位です。蒸してサラダにいかが?
▼ おすすめレシピへ
焼き鳥でおなじみの砂肝
コリコリとした触感が癖になる部位です
▼ おすすめレシピへ